プロポリス ローヤルゼリー 違い

MENU

プロポリスとローヤルゼリーって違うの?

プロポリスとローヤルゼリーはどちらもみつばちが作るものではありますが、その用途が違います。全く別のものと考えましょう。

 

プロポリスは植物の芽や樹液に唾液などを混ぜて作り、巣に塗ります。これを塗ることによってウィルスやバクテリアから巣を守ってくれるのです。
一方ローヤルゼリーは花粉や花の蜜を食べた働き蜂の体液からできています。これは女王蜂の食べ物となります。生まれたときからローヤルゼリーを食べ続け、他のはちよりも体の大きさも2倍から3倍、寿命は30から40倍もあります。

 

働き蜂は1か月程度ですが女王は2年から4年も生きて毎日2000個もの卵を産み続けるというパワーがあるのです。それだけ栄養豊富なのがわかります。

 

人間が摂取したときの効果としてはプロポリスは抗菌作用、免疫力向上してあらゆる病気を予防します。ビタミンやミネラルが豊富で抗がん作用も期待されています。

 

ローヤルゼリーはビタミン、ミネラル、アミノ酸、デセン酸(脂質)、など50種類もの栄養素が入っています。美容と健康に効果を発揮して食生活が乱れがちな方にもいいでしょう。

 

どちらも栄養豊富で免疫力を上げて健康効果をもたらしてくれる天然素材です。ただしローヤルゼリーに関してはアトピーやぜんそくを持つ患者さんはアレルギーを起こすこともあり、体質的に合わない人もいるようです。心配な方は医師に相談することが望ましいとされています。

 

特にアレルギーのない方は少量から試して徐々に量を増やしていくといいでしょう。

 

また、毎日仕事が忙しくて肩とか腰がバキバキという肩も多いと思います。そんな方には、モミマーっていうコスパの良いマッサージチェアがおすすめです!

 

モミマーの値段は高いの?